SEO対策で集客を狙おう!

キーワード広告参入は常時コストがかかる

企業が自社サイトのアクセス数を伸ばす手段(集客手段)として、昔から良い高い単価で入札すると1位をとれるキーワード広告に参入し、サーチエンジン1位を狙って集客するという方法があります。しかしこの手法ですと、恒久的に広告宣伝費がかかってしまいます。そして、会社の経営が傾いた際に広告宣伝費をカットする中でキーワード広告参入もやめてしまうと、サイトへのアクセスが減ってさらに経営状態が悪くなる、という事も起きうることです。そのため、無駄な広告宣伝費をかけない安定した経営を行いたい場合は、自社内にSEO対策部署などを設置して専門スタッフにSEOの研究を日々行ってもらって、キーワード広告には極力お金をかけずに経営を行っていく形のほうがおすすめです。

キーワード広告ではないところでお金を使う

キーワード広告は、絶えずお金がかかり続けます。また、例えば、ユーザが1秒でサイトを離れてしまったとしても、1クリックごとの費用を検索エンジン会社に支払わなくてはなりません。しかし、一方で近年話題になっている、SEO対策の新たなお金の使い方があります。それは「CONTENTS IS KING(コンテンツこそ一番重要)」という考え方のもと、フリーライターなどと提携して記事作成事業を行う企業に依頼して、各ページに掲載する付加価値の高い文章・記事を作成してもらうという形です。この形であれば、キーワード広告とは違ってクリックされるごとに毎回お金がかかるということはなく、ずっと効果を発揮してくれる可能性があります。そのため、新規でサイト作る際やコンテンツを増強する際は、記事作成会社に依頼して、例えば、用語集コンテンツに掲載する各用語解説文を作ってもらう、というような手法をおすすめします。

© Copyright Page Increase Access. All Rights Reserved.