SEO対策ってどんな事をするの?

基本的に業者は必要なし

2000年代以降、SEO指南を専門的に行う会社というものが現れ始め、中には株式上場を果たすような企業まで出始めました。そういった企業の存在により、SEO対策とは専門企業に依頼をしてお金をかけて行うもの、というような認識も少しずつ広まっています。しかし、実際にはSEOの大概の事だけは自社スタッフのみで行うことが出来ます。また、外部の人達との連携の難しさ、またはSEOの動向・傾向は日々変化していくので一度指南を受けてもその知識が無駄になる可能性もある、といったことを考えると外部に指南を依頼するのはそんなに得策ともいえません。そういったことをふまえると、時代を見据え、自社内に最新のSEO対策を日夜研究・分析する部署を作ったり専門スタッフを配置する形が一番おすすめです。

自分たちでどんなことをすれば良いか

SEO対策で今日からでも改善できる点は色々とあります。まず、HTMLソースのHEADER内にあるTITLEタグやメータタグといったものは依然として順位決定やクリック率に高い影響力があります。そのため、まず各ページのTITLEタグの文字数が少なすぎる場合は、それだけではもったいないので、20文字から25文字くらいたっぷり使って良い第2キーワードもうまく含めたものに改善する事で、大幅に各ページの順位が向上する可能性があります。さらに、メータタグのdescription部分にクリックしたくなるような文章を書くことで、うまい文章を書けばクリックも高められます。ただ、肝心な内容が薄くて滞在時間が短いとサーチエンジンの評価が下がるため、ページに書かれていることの付加価値を高める、コンテンツ強化の努力も常に行わねばなりません。

© Copyright Page Increase Access. All Rights Reserved.